いわての輝く女性

平成23年1月 藤沢町 JAいわい東女性部

一覧へ戻る

平成23年1月
藤沢町 JAいわい東女性部

手前右より、東山支部長の阿部安子さん、女性部部長で室根支部長の佐藤幸子さん、藤沢支部長の佐藤和子さん。後ろ右より、大東支部長の小崎時子さん、千厩支部長の小野寺美智子さん、川崎副支部長の今野典子さん、フレッシュ部の藤原道代さん

 岩手県の南端に位置する一関市と東磐井郡藤沢町で構成されるJAいわい東。砂鉄川など3つの主要河川が地区内を流れ、また比較的温暖な気候からトマトやキュウリなどの園芸作物や小菊やりんどうなどの花卉栽培に加え、畜産も盛んである。そんな地域の特徴をピーアールするイベント「JAふれあいフェスタ」が、収穫も一段落した10月下旬に行われた。「食と農、地域とJA、笑顔と安心」をテーマに開催された内容は、JAによる農産物の展示販売はじめ千厩高校の出店コーナー、さらにはJA共済アンパンマン交通安全キャラバンの公演や餅つき、伝統芸能披露などもりだくさん。JA女性部のテントでは、地元藤沢町産の特別栽培米のご飯と大鍋による豚汁の無料振る舞いが行われた。

8時30分に集合し、準備に取り組むメンバー

具沢山の豚汁は材料の下ごしらえだけでも大変

JAふれあいフェスタの会場、藤沢町文化交流センター

 「私たち女性部はもちろん、JAいわい東としても初めてのイベント。でも各支部単位での活動経験を生かせると思います」。イベント開始前の藤沢町文化交流センターで、取材に応じてくれたのは女性部部長の佐藤幸子さん。厨房では千厩、大東、東山、室根、川崎、藤沢の6支部とフレッシュ部から、合計14人のメンバーが参加して調理の真っ最中。米研ぎに野菜や肉の下処理など段取りもよく作業は進められていく。だが今回は豚汁だけでも合計700食分を作るという大掛かりな内容。「材料の量は計算していても、実際にはやっぱりわからない部分もありますね」と佐藤さんはいう。

開会はJAいわい東の役員によるテープカットで

700人分の豚汁が入った大鍋。最後の味見も

「新米と豚汁、どうぞ!」笑顔で接客するメンバー

 とはいえ家庭料理の達人揃いの女性部、振る舞いスタートの11時45分前には大鍋の豚汁が出来上がり、6升炊きの大釜で炊いた新米ご飯も完成。いよいよの場内アナウンスとともに、テント前にはあっという間に人垣ができた。「豚汁どうぞー!」「藤沢産の特栽米(特別栽培米)ですよー!」。JA職員の元気な声に、並べられた豚汁とご飯の容器に四方八方から手が伸びる。テント横のテーブルでは、町内外から訪れた親子や家族連れがさっそく会食中だ。藤沢町産の豚肉を使った豚汁はもちろん、収穫されたばかりの新米は大好評。11時45分の開始からわずか1時間ほどで、無料振る舞いは終了したのである。

開始30分たらずでこの人だかり。フル稼働で対応する

炊きたての新米。甘くふくよかな香りが漂っていた

女性部のテントに次から次へとお客さんが訪れる

 初めてのイベントを成功させたJAいわい東女性部員は、6支部合わせておよそ3600人。年に4回の女性部講座ほか、女性部大会・家の光大会などで交流を深めている。4年ほど前からは全支部で大豆の栽培に取り組み、大豆を使った料理コンクールを開催するなど、独自の活動を展開している。もちろん支部単位の活動も活発だ。千厩地区では自給自足をテーマにカボチャ作りほか余剰品の交換やレクリエーション活動の充実に取り組み、川崎地区では菜種油の栽培・加工をはじめ地区の祭りでは大鍋振る舞いを実施。大東地区では全戸にカボチャの種を配布し自家消費を推進するほか料理コンクールやスポーツ大会も開催する。野菜づくりに力を入れている藤沢地区では家庭菜園の指導会や採種場への研修も行い、スポーツに重点を置く東山地区では運動会や健康まつりのほかエアロビ講習会なども開催。室根地区では編み物や料理、手作り石けんなどのミニグループ活動ほか昨年はショウガの栽培から収穫・利用について学習したという。

東磐井の恵み。ほかほかの新米ご飯と豚汁

昼食時には用意されたテーブルは満杯に

「今日が初めての新米。美味しい」とにっこり

 このような各支部の多彩な活動で得られた成果は女性部全体へとフィードバックされ、結果としてチームワークの向上にも結びついているのだろう。「地産地消と安心安全な食づくりが私たちのテーマ。いずれは一次加工施設のような、女性部全体で使える施設が作れたら」と、部長の佐藤さんら各支部の役員は夢を描く。さらに今後は農家・非農家の区別なく地域全体へ呼びかけ、部員を増やしたいとも願っている。食と農をキーワードに、アクティブに活動の幅を広げているJAいわい東女性部だった。

子どもたちにもご飯と豚汁は大好評!

純情むすめも豚汁の試食に訪れた

牛とのふれあいコーナー。「子牛はかわいいね!」

(取材日/平成22年10月24日 取材・撮影/フリーライター 井上宏美)

インデックスページへ戻る