短角牛
短角牛 岩手県map

国産飼料100%のブランド牛。いわて山形村短角牛(日本短角牛)は、暑さ・寒さに強い牛で、自然と風土を活かした広大な放牧地で育った牛が肥育されています。肉質は、脂肪交雑(サシ)が少なく、赤身が多く風味豊かです。

歴史
短角牛のルーツ

 旧南部藩時代に沿岸と内陸を結ぶ”塩の道”の物資輸送に使われていたのが南部牛。-民謡・南部牛追い唄にうたわれるのはこの南部牛のことです。
 「いわて短角牛」はこの伝統ある南部牛に明治以降輸入されたショートホーン種を交配、品質改良を重ねた末に誕生し、昭和32年には日本固有の肉専用種として認定されました。 黒毛和種の毛色が真っ黒なのに対し、日本短角種は赤茶色。おなじみ「赤べこ」の愛称で親しまれてきました。昭和56年「大地を守る会」に3頭からの出荷取引をきっかけに首都圏の消費者との交流を続けています。

肥育方法
100%国産飼料の肥育にこだわる
肥育方法ph1肥育方法ph2

 いわて短角和牛は暑さ寒さに強い牛で、気象や草地条件などの厳しい自然環境に適応できるよう改良されており、澄んだ空気と水、無農薬の豊富な牧草に恵まれた広大な草原でのびのびと育てられています。
 その飼育方法は、雪に閉ざされる冬は牛舎の中で育ち、春になると広大な放牧地に母子で放牧され、秋には里におりてくる「夏山冬里」方式と呼ばれています。放牧期間中に自然交配も併せて行われ、3月ごろには、新しい子供が生まれるというサイクルを繰り返します。「山形村短角牛」は、育成・肥育期間ともホルモン剤などはいっさい使用せず、できる限り自然のままに、国産の配合飼料100%で飼育された短角牛です。国産飼料を集めることはなかなか大変ですが、地域自給率の向上に取り組んだりと、消費者に安心して食していただけるようこだわりを持って育てられています。
 純粋な国産牛への挑戦、また、健康に育ったおいしい牛を消費者に届けたいという生産者たちの思いが込められています。また、出荷時期が集中しないよう飼養管理で調整して肥育しております。
 山形町荷軽部に公共牧場として、105.5haの広さの「久慈市短角牛基幹牧場」を昭和59年に整備、通称「エリート牧場」と呼ばれ、現在母子牛約240頭が放牧されています。

おすすめの食べ方
サーロインステーキ
サーロインステーキph

脂肪が少なく赤身の多い健康牛肉だから、
カロリーが気になる方にもおすすめです。

べこ汁

地元の行事などの際、
大鍋でつくる料理です。

■材料(四人分)

短角牛スネ肉
300g
しみ豆腐
2枚
しょうが
1個
にんにく
1個
味噌
適量
べこ汁ph

■作り方

(1)
短角牛スネ肉は食べやすい大きさに切ります。先にゆでこぼし、あくをぬきます。
(2)
しみ豆腐は小さく手でちぎります。
(3)
しょうがは5等分し、にんにくは一かけにばらし、一緒にネットなどにいれます。
(4)
味噌以外の材料を一緒に煮込みます。
(5)
圧力鍋で15分加圧後、自然放置し、味噌で味を調えてできあがり。

今回は、家庭でも簡単に作れるよう、圧力鍋での調理を紹介致します。

この方に聞きました
長内 正司

久慈市基幹牧場 監視人(JA新いわて くじ短角牛肥育部会会員)
長内 正司 氏

365日短角牛とお付き合いしている長内さん。JA時代も約10年牛に携わり、実家でも30頭の短角牛を飼育する他、今は、種牛センターと基幹牧場を行き来し、山形村短角牛を守っています。まさに牛のスペシャリストです。長内さんが「ホーホー」と呼ぶと、どこからともなく牛たちが集まってくるのでした。長内さんと牛たちの厚い信頼関係がここ「エリート牧場」にありました。