青首大根
青首大根 岩手県map

シャキシャキとした歯ごたえが特徴の大根。新鮮な朝どり青首大根は、年間約600トンの生産量でほとんどは、仙台を中心に東北へ出荷しております。

歴史
田野畑村青首大根のルーツ

 大根は、古事記にも記載されるように春の七草では「すずしろ」の名で親しまれています。日本には中国より伝わってきました。昭和40年より主流になった青首大根。みずみずしく、表面もきれいで好まれるようになり、この青首大根は、昭和58年に田野畑村でも指定産地になりました。現在野菜農家は80軒、その中で9軒が大根生産に取り組んでいます。

栽培方法
代表的な栽培方法
栽培方法ph1栽培方法ph2

 田野畑村は沿岸北部、海抜約180mのリアス式海岸に位置していながら、内陸部に入るに従い起伏が多くなり山岳状を形成しています。農地はわずかに6.2%と少なく、沿岸特有のヤマセの影響をうけ、年間平均気温10.7℃と比較的冷涼です。
 このヤマセを逆手にとって高原野菜である大根の栽培が行われます。播種は5月から始まり、収穫は7月〜11月上旬(夏から秋)まで続きます。朝収穫された大根はすぐに水洗いされ、営農センターに運ばれてその日の夕方には市場に出発します。

おすすめ料理
大根とイカのこっくり煮

■材料

大根
1/3本
イカ
1杯
醤油
大さじ2
100cc
みりん
50cc
しょうが
適宜
大根とイカのこっくり煮

■作り方

(1)
イカは皮をむかずに輪切りにし、足は3等分にします。わたはとっておきます。大根は厚めの半月切りにします。
(2)
鍋に酒・みりん・醤油を入れ、沸騰させます。
(3)
イカとしょうがを入れて、さっと火を通して器に取ります。
(4)
水1/2カップと大根を入れ、やわらかくなるまで煮ます。
(5)
イカのわたを大さじ1の酒でのばし、すり下ろしたしょうがを加えておきます。
(6)
大根に火が通ったら、イカとイカのわたを入れ、ひと煮立ちさせてできあがり。
大根サラダ

■材料(四人分)

大根
1/3本
豆腐
1本
削り節
適宜
ポン酢
適宜
大根サラダ

■作り方

(1)
大根は千切りにし、豆腐は半月切りにします。
(2)
盛り付けて、削り節とポン酢をかけてできあがり。
この方に聞きました
早坂・久保

[右]JA新いわて 宮古地域北部野菜生産部会
部会長 佐々木 仁志 氏

[左]
長 男 佐々木 剛 氏

 大根を作り続けて約30年、親から受け継いだ畑を拡大して生産している佐々木さん。根みつば、ブロッコリー、大根と1年のうち9ヶ月もの間生産しています。今後は人参にも取り組む予定です。震災後は親子で雇用問題に取り組み、自分たち農家が田野畑村の第一次産業を引っぱっていくという高い意識でおりました。

紺野 勉

JA新いわて 宮古営農経済センター 岩泉地区担当課
調査役 営農指導員 平坂 博喜 氏

 生産者さんは情報を求めていますので、よりよい情報を提供できるよう努めています。と生産者を思う熱い平坂さんでした。