岩手県大会

 JAいわてグループは、平成30年11月22日、第45回JA岩手県大会を盛岡市都南文化会館(キャラホール)で開催し、『組合員とともに食と農を通じた豊かな地域社会を築く~自己改革へのさらなる挑戦』をテーマとした大会議案を決議しました。
 本大会の決議内容を踏まえ、組合員との対話を通じて把握したニーズや地域の実態に応じて、取り組みを実践し、特色あるJAづくりを進めてまいります。

〈第45回JA岩手県大会議案の主な内容〉

① 大会議案の内容は、今後3年間のJAいわてグループの自己改革の取組内容で、「農家組合員の所得増大・農業生産の拡大」・「地域の活性化」・「協同の強化」の3つを前回大会から継続して基本目標としています。

② 基本目標のなかでも、「農家組合員の所得増大・農業生産の拡大」については

  • 「担い手の対応強化」
  • 「マーケットインによる販売の強化と生産振興」
  • 「トータルコストの引き下げと低コスト生産技術の確立・普及」
の3つの分野にかかる施策に取り組むこととしています。

大会決議PDF(15.5MB)

過去のJA岩手県大会決議

※リンク先のPDFファイルをご覧になるにはAdobe Readerが必要です。PDFが表示されない場合はこちらからダウンロードしてください。