会計記帳代行&申告事務支援の目的

  • 日々の農作業に追われ、取引を記録する時間が足りません。
  • 多くの手間や時間・コストをかけて、帳簿記録や決算・申告しているのが実態です。
  • 帳簿記録の時間やコストが大幅に短縮できます。
  • 他の営農管理(GAP、圃場・生産・販売管理)に振向ける時間が確保できます。
  • 年間を通して事務の平準化がはかられ、経営活動に余裕が生まれます。
  • 簿記や仕訳、税金の知識が不足しており、不統一で誤った処理をしがちです。
  • 税金の制度改正は毎年のように行われ、正確に理解し、対応することは大変です。
  • 科目統一や処理基準の設定により、青色申告に対応した正規の簿記にもとづく会計帳簿や決算書類の作成ができます。
  • 専門スタッフや税理士による経理・税務に関する適切なアドバイスを受けることができます。
  • 様々な経営上の課題をかかえており、多様な経営ニーズを持っています。
  • 自己の農業経営や農家経済の状況を客観的に捉えることは容易ではありません。
  • 経営課題の共有と、実態に即した提案・支援活動により、経営改善をはかることができます。
  • 農業経営のみならず、経済収支や保有財産を踏まえたライフプランの策定や事業承継・相続対策、土地活用など、総合的な対策についてアプローチを受けることができます。