• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-08掲載 (東北版)

販売500億円達成へ

JA新いわては3月下旬、盛岡市で2017年度生産部会協議会委員会を開いた。協議会役員ら140人が出席。多様な担い手への支援、生産基盤維持により農家所得向上と「地域農業振興計画(日本一の産地チャレンジ運動)」の最終目標を19年度とし、販売額500億円運動を継続して進めることを確認した。
生産部会は稲作、野菜特産物、花卉、酪農、肉畜の5部門。全体会の他、各協議会の事業推進方針や活動計画を確認した。
久保憲雄組合長は「16年は台風などの被害の中、生産者の方々が地域で頑張った結果として販売額が480億円となった。今後も農業所得の増大、生産拡大、担い手対策などJAとして総合的な支援、取り組みをしていきたい」と強調した。
 


一覧へ戻る