• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-15掲載 (東北版)

「銀河食堂」来店1万人

 JA全農いわての直営飲食店、いわて純情米の店、「銀河食堂」は3月下旬、来店者数が1万人を突破した。1万人目の来店者に記念品として県産品の詰め合わせセットを渡した。
 同店は2016年6月、盛岡市にオープン。県産食材を中心に構成した銀河御膳(1500円)などの他、新品種米「金色の風」と16年にデビューした「銀河のしずく」との食べ比べも用意する。
 1万人目となった仙台市在住の女性は「おいしいご飯を食べることができて満足している。また来たい」と話した。
 齊藤茂店長は「県内外の多くの方に来ていただいてうれしい。金色の風、銀河のしずくを味わってもらい、県産米の消費拡大に努めたい」と話す。(全農いわて)

1万人の達成を喜ぶ齊藤店長と来店者(盛岡市で)


一覧へ戻る