• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-16掲載 (東北版)

リンゴ防除注意点確認

 JAいわて中央りんご部会は11日、2017年度病害虫発生予察要領講習会と第1回予察会議を、矢巾町のJA矢巾地域営農センターで開いた。農家や各地域の共同防除組織代表者、JA担当者ら約70人が参加。防除の注意点を確認した。
 JAは、展葉期の天候や薬剤特性を考慮した上で、第1回定期散布を20〜24日とした。昨年一部の園地で発生が見られたモニリア病や黒星病については、薬剤の適期散布の徹底を呼び掛けた。
 JAのリンゴの特別栽培は14年目。ブロックローテーション体制を取り、17年度は盛岡市の園地が中心。北田健部会長は「気象を考慮した薬剤選択と散布日程を確認をしていこう」と呼び掛けた。




一覧へ戻る