• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-25掲載 (東北版)

リンゴ開花前後管理ポイント学ぶ(JAいわて中央)

 JAいわて中央は18日、19日の両日、管内15会場で2017年度1回目のリンゴ現地指導会を開いた。生育状況や開花前後の管理、防除のポイントなどを確認した。
 矢巾町煙山の中野忍さんの園地で開いた指導会には、生産者ら18人が参加。
 盛岡農業改良普及センターが盛岡市川目で調査しているクサギカメムシの越冬量は平年の13倍以上を記録していることから。
 15年、16年と生産量が好調だったことを踏まえ、JAの担当者は「摘花を早く行うことで、隔年結果の防止につながる。摘花剤も活用しながら生産量の確保につなげてほしい」と話した。
 


一覧へ戻る