• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-27掲載 (東北版)

レタス現地指導 品質管理を徹底(JAいわて中央)

 JAいわて中央は21日、管内2ヵ所でレタス栽培現地指導会を開いた。燒巾町上矢次での指導会には農家10名が参加。気象経過や生育状況、病害虫防除など今後の栽培管理について確認した。
 JA担当者は「べたがけ資材の除去が遅れると、変形球や不結球が発生する。生育を見ながら早めの除去を心掛けてほしい」と呼び掛けた。
 ツルタのタネの担当者は「べたがけ資材除去後は葉のからみを取り除くことが正常な結球のために重要」と説明した。
 JAは早朝に収穫したレタスを朝のうちに地元市場へ出荷する「朝どりレタス」を実践しており、JA担当者は「朝どりレタスは市場からも好評を得ている。有利販売のために品質管理を徹底してほしい」と話す。2017年度は、2万4千ケース(1ケース5`)の出荷、1800万円の販売額を見込んでいる。


一覧へ戻る