• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-04-28掲載 (東北版)

小麦の栽培指導 適期追肥呼び掛け(JAいわて中央)

 JAいわて中央は中旬、2017年産小麦の栽培指導会を管内6カ所で開いた。品種に応じた追肥の時期、赤かび防除の薬剤散布の注意点について確認した。
 紫波町土舘で開いた指導会には、農家53人が参加。種まき時期の16年9、10月の天候は良好で、今後は、生育状況に注意しながら、「ナンブコムギ」は減数分裂期に、「ゆきちから」は穂ぞろい揃期に追肥をするよう呼び掛けた。
 盛岡農業改良普及センターの林尻雄大上席農業普及員は「適期作業を心掛けてほしい」と呼び掛けた。
 管内では、「ナンブコムギ」「ゆきちから」「銀河のちから」栽培。17年産面積は1441f。


一覧へ戻る