• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-06-30掲載 (東北版)

三浦さんら名誉賞(JA岩手ふるさと)

 JA岩手ふるさとは24日、第19回畜産共進会を奥州市胆沢区で開いた。各区最上位の優等賞の中から選ばれる名誉賞には、和牛の部(若雌牛)で奥州市前沢区の三浦義塚さん、(経産牛)金ケ崎町の高橋保夫さん、乳牛の部の未経産牛では金ケ崎町の矢作雅之さん、経産牛では同町の丸山芳照さんが獲得した。
 黒毛和種75頭、ホルスタイン21頭を月齢などで区分し、計11部門で審査。JAの経営管理委員の門脇功会長は「日々の努力の成果を発揮し、宮城全共では、産地として全国トップクラスを目指してほしい」と話した。
名誉賞を除く優等賞は次のとおり
◇和牛の部▽第1区(9ヶ月〜13ヶ月未満)佐藤 桂和(奥州市水沢区)
 ▽第2区(13ヶ月〜16ヶ月未満)三浦 義塚(同市前沢区)
 ▽第3区(16ヶ月〜19ヶ月未満)谷木 修久(同市胆沢区)
 ▽第4区(繁殖雌牛2産以内(経産))高橋 保夫(金ケ崎町)
 ▽第5区(繁殖雌牛3歳以上(経産))高橋 淳(金ケ崎町)
◇乳牛の部▽第1区(9ヶ月〜13ヶ月未満)佐藤 桂和(奥州市水沢区)
 ▽第1部(8ヶ月以上12ヵ月未満)矢作 雅之(金ケ崎町)
 ▽第2部(12ヵ月以上16ヶ月未満)丸山 芳照(金ケ崎町)
 ▽第3部(16ヶ月以上)平成酪農組合(金ケ崎町)
 ▽第4部(経産3歳未満)丸山 芳照(金ケ崎町)
 ▽第5部(経産3歳以上)平成酪農組合(金ケ崎町)
 ▽第6部(牧場群3頭1組)…平成酪農組合(金ケ崎町)
◇ベストアダー賞
 ▽丸山芳照(金ケ崎町)

名誉賞を受賞した和牛の部・三浦義塚さん(岩手県奥州市胆沢区で)


一覧へ戻る