• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-08-24掲載 (東北版)

玉串奉納し家畜に感謝(JAいわて中央)

 JAいわて中央は18日、紫波町の旧和牛育成センター敷地内の畜魂碑前で、紫波地区畜霊祭を開いた。畜産農家や盛岡地域共済組合の担当者、JA役職員ら35人が参加した。
 JAの久慈宗悦組合長や畜産部会紫波支部の部会長らが玉串を奉納し、献杯した。久慈組合長は「家畜への感謝の気持ちに加え、天候不順が続いている中で餌がきちんと取れるよう、豊穣(ほうじょう)の秋を願った」と話した。
 JAは管内4カ所で畜霊祭を開いている。

畜魂碑に祈りをささげる久慈組合長(岩手県紫波町で)


一覧へ戻る