• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2017-08-19掲載 (東北版)

もも丸焼き振る舞う(JA全農いわて)

 岩手県農協肉牛経営者連絡協議会は8月中旬、JR盛岡駅前広場で、県産和牛の普及と消費拡大を目指し、いわて牛の無料試食会を開いた。もも丸焼きなど約1500食を振る舞った。開始前から行列ができ、幅広い年代の帰省客や観光客で賑わった。
 協議会の畠山正宏会長は「自然豊かな岩手で、優れた農家が育てた牛は安全・安心でおいしい。地元に帰省した際は、いわて牛を周知してもらいたい」とPRした。JA全農いわては、県産キュウリの一本漬けや県産牛乳を無料配布した。

いわて牛を提供する2017いわて純情むすめ


一覧へ戻る