• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-04-13掲載 (東北版)

政策集改訂で活性化 ネット活用しPR JA岩手県青年組織協議会

 JA岩手県青年組織協議会は12日、第63回通常総会を盛岡市で開いた。2018年度は、ポリシーブック(政策集)の改訂を通じて組織活性化を進める他、青年部活動の対外PRとしてインターネット交流サイトのフェイスブックを活用した広報活動に取り組むことなどを確認した。
 県内JA青年部員ら約80人が参加。18年度は、現場の声を積み上げてポリシーブックを改訂し、農政運動などに活用する。北3県JA青年部合同研修会が6月に岩手県で開かれることから、県域を越えた部員の交流で一層の組織強化を進める。17年度に始めたフェイスブックを本格化させ、「純農Boy」の活動を載せるなど青年部活動のPRに取り組む。
 役員改選で橋真悟会長が再任、副会長に大坪長信さんが再任、佐藤崇史さんが新たに就任した。橋会長は「JA事業に積極的に参加し、自己改革をJA、女性部と一緒に取り組んでいきたい」と話した。
 その他、17年度の仲間づくり運動で、1JA青年部10人以上の新規加入目標数を達成したJA新いわて青年部、JAいわて花巻青年部、JAいわて平泉青年部協議会を表彰した。

「青年部活動、盛り上げていくぞ」と意気込む橋会長、大坪副会長、佐藤副会長(12日、盛岡市で)


一覧へ戻る