• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-05-11掲載 (いわて版)

祭りに合わせ寄せ植え指南 大船渡市 「世界の椿館・碁石」

 大船渡市末崎町にある「世界の椿館・碁石」は4日、碁石海岸観光まつりに合わせ、寄せ植え教室を行った。グリーンアドバイザーの資格を持つ同館の井上晃子さんの指導で、参加者は好みの苗を選び、レイアウトや管理方法を学んだ。
 参加者は鉢に軽石、井上さんがブレンドしたオリジナルの土を入れて苗を配置。最後に水はけと水持ちのバランスを保つミズゴケを入れて、10分ほどで完成させた。
 井上さんは「苗の組み合わせ、時季や性質が同じものでないと管理が大変。小まめに水やり、切り戻しや花がら摘みを行うと長く楽しめる」とポイントを説明した。
 椿館では2018年度、季節の寄せ植え教室や種まき講座、ガーデニング基礎講座など、初心者も参加できる教室を多数開催を予定している。

参加者にレイアウトをアドバイスする井上さん


一覧へ戻る