• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-05-11掲載 (いわて版)

花まつり お花あげましょ JA江刺の産直施設に地元園児が踊り披露

 JA江刺の産直施設「江刺ふるさと市場」で8日、奥州市江刺の「社会福祉法人 智禅会 愛宕保育園」の園児48人が、花まつりの踊りを披露した。
 花まつりは灌仏会(かんぶつえ)ともいわれ、お釈迦(しゃか)様の誕生日を祝う仏教行事。日本では通常4月8日に行われるが、4月は農繁期や新年度の行事が重なるため、同園では1カ月遅れで行っている。
 加藤晋園長が「花まつりが終わると田植えの時期。農家の皆さんも頑張ってと応援する気持ちも込めて元気に踊りましょう」と呼び掛け、園児たちは踊りを披露。白い象の上に載せられた花御堂を取り囲み、「お花あげましょ」と歌いながら、手に付けたピンク色の花飾りを振って踊った。

花まつりの踊りを披露する愛宕保育園の園児


一覧へ戻る