• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-05-12掲載 (東北版)

奥州市立伊手小学校 リンゴ摘花体験 おいしく育って

 奥州市立伊手小学校の4年生8人は9日、同市江刺伊手の和川栄一さん(67)のリンゴ園で1年の作業を学習し、摘花を体験した。
 和川さんは「形よく、おいしいリンゴを育てるために、摘花や摘果は1年で一番大切な仕事」と話し、中心果の見分け方や摘花の仕方を指導した。
 初めは恐る恐る花を摘んでいた児童も、こつをつかむと次々と上手に摘んだ。「全部手作業と聞いてびっくりした。大きくておいしいリンゴに育ってほしい」と話した。

摘花作業を体験する伊手小児童(奥州市江刺伊手で)


一覧へ戻る