• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-05-16掲載 (東北版)

東京でアスパラガス魅力PR JAいわて花巻

 JAいわて花巻は10日、東京都多摩市のスーパー「京王ストア桜ヶ丘店」で、アスパラガスの販売促進活動を行った。消費者に直接PRして魅力を伝え、生産者の意欲向上につなげようと初めて企画した。
 出発に先立ち、同日に北上市のJA西南アスパラガス選果場でセレモニーを開いた。生産者やJA職員ら約50人が参加。北上地域アスパラガス専門部の佐藤祥行部会長は「自信を持ってPRしてきてほしい」と激励。JAの佐藤力夫常務は「PRしながら農家所得増大に努めていく」と話した。販売促進メンバーの橋マサ子さんは「生産者が丹精して作ったアスパラガスを一生懸命PRしてくる」と力強く話した。
 販促には生産者3人とJA職員2人が参加。来店者に、JA産アスパラガスの魅力やおいしい物の見分け方などを伝えた。
 JAの2017年産のアスパラガスの栽培面積は約130fで、出荷量は148d、販売額は1億4500万円と県内一を誇る。

消費者にPRする販売促進メンバーら(東京都多摩市で)


一覧へ戻る