• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-06-13掲載 (東北版)

一関市立油島小学校 サツマイモ定植 児童が食農学ぶ JAいわて平泉女性部花泉中央支部油島女性部が指導

 一関市立油島小学校全校児童カ人は、JAいわて平泉女性部花泉中央支部油島女性部の指導で、サツマイモやミニトマトを定植した。総合的な学習の一環。2年生がミニトマト、その他の学年がサツマイモを植えた。
 苗は、JAが食農教育に役立ててもらおうと無償で提供。部員3人が指導した。六角みの子支部長は「野菜作りを通して、育てる楽しみや食べることの大切さなどいろいろ考え、興味を持ってもらえればうれしい」と期待を込めた。
 6年生の武田朱琉さんは「教えてもらったことを生かし、家の畑の手伝いをしたい」と目を輝かせた。収穫した野菜は、学年ごとに料理を作って味わう。11月下旬には地域住民を招き、感謝する会を開く予定だ。

教えてもらいながら作業する児童(岩手県一関市で)


一覧へ戻る