• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-08-03掲載 (東北版)

JAバンク岩手担い手金融リーダー協議会 上期研修 担い手融資の実務など学ぶ

 JAバンク岩手担い手金融リーダー協議会は7月中旬、盛岡市で上期研修会を開いた。岩手県農業信用基金協会とJA岩手県信連の職員が講師を務め、農業資金の概要や主要資金の実行までの流れ、決算書を見るポイントについて理解を深めた。
 県内JAで融資業務に携わる新任の担い手金融リーダーを中心に41人が参加した。実際の業務同様に、経営改善資金計画書を作成するグループワークも行った。
 参加者は「決算書や収支計画書の見るべきポイントを知ることができ、融資実行の可否を判断する際の参考になった」、「グループワークで他JAと意見交換をすることができて勉強になった」などと話していた。
 同協議会は、県内JAとJA岩手県信連の担い手金融リーダー121人で構成。充実した金融サービスや相談に向け、年数回研修会を開き、会員相互のスキルアップを図っている。


一覧へ戻る