• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-08-03掲載 (東北版)

「さんさ踊り」でJAアピール 風船やうちわを配る JA岩手県五連

 JA岩手県五連は1日、夏の風物詩「盛岡さんさ踊り」に合わせ、盛岡市の大通りで見物客らに風船やうちわ、オリジナルグッズなどを見物客に配り、JAいわてグループをPRした。3日まで配る。
 JA岩手県中央会の久保憲雄会長と小澤驤齦實長は、連合会のキャラクターと自己改革のロゴが入った風船約150個を配った。五連役職員約20人は、オリジナルグッズやポケットティッシュ、うちわを約120〜300個配った。
 五連などの役職員約300人がさんさ踊りパレードに参加し、太鼓や踊りを披露した。

見物客に風船を手渡す久保会長と小澤副会長(左から2人目)(盛岡市で)


一覧へ戻る