• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-08-08掲載 (東北版)

市場も期待 品質が武器 JA江刺野菜部会ピーマン専門部 市場5社の担当者と意見交換会

 JA江刺野菜部会ピーマン専門部は、奥州市江刺で取引市場担当者と意見交換会を開いた。取引市場5社の担当者、専門部員ら約30人が参加。江刺米里の圃場(ほじょう)で生育状況を確認した後、意見交換した。
 東京荏原青果青果部野菜第1課の日高祐司課長代理は「つやがあり良いピーマン。江刺産野菜はクレームが少なく評価が高い。今後、露地栽培ピーマンの出荷量が増えてくることを期待する」と要望。JA専門部の千田正明専門部長は「小さな産地だからこそ品質を武器にしたい。より良いものを生産し、江刺産ピーマンを待ちわびている人たちの信頼に応える」と力を込めた。


一覧へ戻る