• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-08-09掲載 (東北版)

子ども喜ぶ野菜料理伝授 JAいわて平泉 わくわく親子広場

 JAいわて平泉は、一関市で2018年度1回目のわくわく親子広場を開いた。JA職員で野菜ソムリエプロの木村千恵美さんが、JA産の旬の夏秋野菜を使って子どもが喜ぶ簡単料理を指導した。幼稚園入園前の子を持つ母親ら5人が参加し、ナスとトマトのチーズ焼き、ズッキーニと高野豆腐のごまみそ汁など4品を作った。
 子どもが食べやすい工夫として、チーズの活用や、野菜を型で花型にくりぬく方法を紹介した。
 子どもたちは「おいしい」と料理を口に運んでいた。鈴木絵美子さんは「うれしそうに食べてくれたので、家でも作りたい」と笑顔を見せた。
 講座は、子育て世代へ食農教育を通じてJAをより身近に感じて関心を持ってもおうと、年3回開く。各回ともJA職員や女性部中央支部長による託児サービスを行い、母親が講座に参加しやすいよう配慮した。JA女性部フレッシュ部も活動をサポートする。

工程ごとの仕上がりを確認し指導する木村さん堰i岩手県一関市で)


一覧へ戻る