• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-09-13掲載 (東北版)

大船渡市立立根保育園 ジャガイモ、ピーマン収穫

 大船渡市立立根保育園の年長児24人は9月上旬、市内の細谷知成さんの畑で、レタスの定植とピーマン、ジャガイモの収穫を行った。食育の一環で4年目。細谷さんは、JAおおふなとの理事でピーマン生産部会長も務める。
 細谷さんは「収穫したピーマンは、JAにお願いして、東京や千葉などのスーパーやお店に置いてもらう」と説明。園児は「そんな遠くまでいくの」と驚いていた。
 赤間咲來ちゃん(5)は「初めてやった。ジャガイモを掘るのが楽しかった」と話した。園児は「今日はカレーを作ってもらう。ピーマンも食べられる」とピーマンとジャガイモが入った袋を持ち、うれしそうに話した。

ジャガイモを見つけて喜ぶ園児(岩手県大船渡市で)


一覧へ戻る