• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-10-06掲載 (東北版)

広島、愛媛で販促 JAいわて中央食農立国おもてなしフェア

 JAいわて中央は9月下旬の3日間、相対取引先・フジの広島と愛媛県のスーパー6店舗で「JAいわて中央食農立国おもてなしフェア」を開いた。管内産リンゴ「きおう」「サンつがる」、岩手県のオリジナル米品種「銀河のしずく」を試食販売した。
 JAりんご部会の北田健部会長や職員、「岩手まるごとおもてなし隊」が参加した。
 リンゴを購入した客は「昨年買い求めたリンゴがおいしく感動した」と話した。同社の果物担当バイヤーは「安心・安全・安定したリンゴを消費者に提供し続けきたい」と期待した。
 西日本豪雨被害の復興を支援に、姉妹JA提携を結ぶJAえひめ南直売所も訪れ、餅をついて振る舞った。来店者は「元気をもらった」と喜んだ。

来店者と会話をする北田部会長(愛媛県宇和島市で)


一覧へ戻る