• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-11-09掲載 (いわて版)

JAいわて平泉一関青年部中里支部 一関市立中里小学校の2年生34人とサツマイモを収穫

 JAいわて平泉一関青年部中里支部は10月下旬、一関市立中里小学校の2年生34人とサツマイモを収穫した。
 サツマイモは、食農教育に役立ててもらおうとJAが苗を贈り、同支部の指導で6月に定植したもの。収穫を楽しみにしていた児童は、自分たちが植えたサツマイモを掘り起こし、喜んだ。
 同支部の小岩眞一委員長は「手間暇をかけることで収穫のありがたみや喜びにつながる。収穫したサツマイモを食べることで農業について感じてもらえれば」と話した。
 阿部麻凛さんは「引っ張っても一つしか取れなかったけど、掘ったら土の中からたくさん出てきてうれしかった」と笑顔で話した。

大きく育ったサツマイモを掘る児童


一覧へ戻る