• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-11-30掲載 (東北版)

園芸新規栽培者獲得へ 夜説明会 相談しやすく JAいわて平泉

 JAいわて平泉は11月下旬の2日間、JAの西部営農振興センターと東部営農振興センターの2会場で一関市新規栽培希望者向け説明会「2018園芸だよ!全員集合」を開いた。18年度の新規栽培者は30人。産地の維持拡大のため、新規栽培者のさらなる獲得を目指す
 働いている人でも参加しやすいように2日間とも夜間に開き、計18人が参加した。トマトやキュウリ、小菊、リンドウなど8品目の栽培管理や部会活動、栽培に掛かる経費や収入の試算を担当職員が説明した後、個別相談に応じた。
 就農を希望する石川直人さんは「親と話し合っている他、JAの新規就農ワンストップ相談窓口も利用している。和牛繁殖と両立できる品目はないかと参加した」と、数品目の担当者と意欲的に面談していた。
 JA園芸課の熊谷進課長は「農業に興味があっても、どこに相談してよいのか分からない人のきっかけになってほしい」とした上で「新規で栽培を始めても思うように収入が得られなかったことなどを理由に、やめてしまう人もいる。それぞれの目標に応じた栽培計画を立て、取り組んでいけるように支援していきたい」と意欲を見せた。

個別相談で品目への理解を深める参加者(岩手県一関市で)


一覧へ戻る