• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2018-12-01掲載 (東北版)

静岡のJAと相互交流 JA江刺 掛川農業祭参加 旬のリンゴ1500個完売

 JA江刺は11月下旬、静岡県掛川市で行われた「掛川農業祭」に参加し、管内産の農産物や加工品を販売した。役職員5人が「江刺りんご」のサンふじや「シナノゴールド」、江刺りんごジュースなどを販売。旬のリンゴは好評で、約1500個が午前中で完売した。
 営農振興課の小川翔平さんは「江刺りんごを購入するのを楽しみにしているという人もいて、うれしかった」と話した。
 両JAは2013年にJA間交流と連携の協定を結び、災害時の支援や農業祭への参加に取り組んできた。10月下旬に奥州市江刺で開いたフェスティバルには、JA掛川市が特産の掛川茶を販売した。

農産物や加工品を販売する職員(静岡県掛川市で)


一覧へ戻る