• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-01-05掲載 (東北版)

日頃の感謝込め 来店者に餅贈る JA岩手ふるさと胆沢地域活性化委員会

 JA岩手ふるさと胆沢地域活性化委員会は4日、奥州市の胆沢支店で、新年初営業日に合わせ、日頃の感謝を込めて来店者先着100人につきたての餅を振る舞った。
 昨年から実施している取り組み。きねと臼を使い「ヒメノモチ」3升分をつき、きな粉とあんこの餅を振る舞った。
 胆沢地域センターの佐々木一浩センター長は「くらしの活動の一環で開いた。日頃の利用者をはじめ、多くの人に喜んでもらった」と話した。

つきたての餅を振る舞った委員会メンバー(4日、岩手県奥州市胆沢で)


一覧へ戻る