• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-01-09掲載 (東北版)

JAいわて平泉 宝船が8万円 青果、米、肉盛る 新たな一年幸先良く

 盛岡市中央卸売市場は5日、初市式と初せりを開いた。丸モ盛岡中央青果が、果物や野菜などを積んだ縁起物の宝船5隻をせりにかけ、JAいわて平泉の宝船が前年より1万円高い8万円でせり落とされた。
 JAの宝船は、管内産イチゴやリンゴ、曲がりネギなど8種類で作り、米「金色の風」と「いわて南牛」の肉を添えた。
 JAの佐藤鉱一組合長は「幸先の良いスタートが切れ、今後の取引に弾みがついた。この勢いを加速させていきたい」と意欲を見せた。
 売上金は、県社会福祉協議会に全額寄付する。

JAいわて平泉の宝船(盛岡市で)


一覧へ戻る