• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-01-10掲載 (東北版)

6次産業化入門講習会 JAいわて中央

 JAいわて中央はこのほど、盛岡市のJA盛岡地域営農センターで6次産業入門講習会を開き、組合員や職員ら24人が参加した。キースタッフの伊藤洸さんが講師を務め、全国の取り組みや食品加工の基礎知識などを学んだ。
 伊藤さんは「品質管理の基本となる整理、整頓、清掃、清潔、しつけの”5S”を心掛けてほしい」と呼び掛けた。その他、県内外で開発されたドレッシングやピクルスなどの加工品を試食した。
 参加者は「規格外のサツマイモがたくさん取れたので、加工食品に利用できたらと思い参加した。試食した物はどれもおいしかった。自分もできればいい」と話した。

さまざまな加工品を試食する参加者(盛岡市で)


一覧へ戻る