• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-03-13掲載 (東北版)

リンドウ販売 目標は3億円 JA岩手ふるさと園芸部会りんどう専門部

 JA岩手ふるさと園芸部会りんどう専門部は2月下旬、奥州市衣川で実績検討会を開き、生産者約50人が出席した。2019年は産地維持、拡大を目標に、盆、彼岸需要期に対応する品種の面積を拡大、需要期出荷の生産基盤を固め、収量と品質向上を目指す。
 鈴木喜一専門部長は「来年度も目標販売額3億円の達成を目指し、部会一丸で生産に取り組む」と話した。
 18年産は、出荷数量は416万本(前年比96・2%)、販売単価は1本当たり50・2円(同111・1%)、販売金額は2億900万円(同106・8%)となった。
 JA経営管理委員会の千田幸男副会長は「18年度は皆さんの努力でいい結果になった。今後も産地拡大と所得向上につなげてほしい」と期待した。


一覧へ戻る