• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-03-14掲載 (東北版)

防除暦で説明会 JAおおふなと

 JAおおふなとは8日、陸前高田市総合営農指導センターで2019年度果樹防除暦説明会を開いた。生産者や県、JA職員ら41人が参加。19年度のリンゴや梨の防除について、昨年との変更点などを説明した。
 大船渡農業改良普及センターの阿部洋上席農業普及員は、18年度の気象や生育に触れ、今後の防除として、薬剤感受性の低下を避けるため殺ダニ剤の隔年使用体系や、黒星病に対する防除体系などを解説した。
 阿部さんは「昨年青森県で黒星病被害が多発し、岩手県でも青森県境の地域で被害が見られた。当地では報告されていないが、時期に合った防除で病害虫から果樹を守ってほしい」と呼び掛けた。


一覧へ戻る