• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-04-12掲載 (いわて版)

土壌水分の確保 温度管理徹底を トマト・ミニトマト定植前栽培講習会

 JA新いわて南部営農経済センターは9日、雫石町の同センターでトマト・ミニトマト定植前栽培講習会を開いた。生産者43人が参加。土壌水分量や定植初期の温度管理の徹底、病害虫防除など生育初期の管理を確認した。
 昨年度のトマト販売は高値で推移したが、夏場の高温や急激な気温変化で花芽などに影響を受け、収量が伸びなかった。盛岡農業改良普及センターの今井裕之技師は「今年の春の気温は高めで推移する予報だが、気温の変動に注意し、ハウス内の温度管理を徹底してほしい」と呼び掛けた。
 南部地域野菜生産部会雫石支部トマト専門部の赤沢充専門部長は「初期管理の徹底と出荷規格の早めの指導で品質の統一を進め、クレームのない一年にしたい」と話す。


一覧へ戻る