• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-05-28掲載 (東北版)

収穫後の管理 ポイント説明 JA新いわて東部営農経済センター 栽培指導会と目ぞろえ会

 JA新いわて東部営農経済センターは5月中旬、葛巻町と岩手町の2会場でグリーンアスパラガス栽培指導会と出荷目ぞろえ会を開いた。生産者17人が参加し、出荷規格と収穫後の栽培管理を確認した。
 春の低温の影響で、出荷は例年より1週間ほど遅い5月下旬から始まり7月上旬まで続く。
 八幡平農業改良普及センター岩手駐在の千田裕主査は、収穫の打ち切り時期や茎葉整理のポイント、6〜9月の病害虫防除などを説明した。
 生産者は、来年以降の収量を確保するため、収穫後の株の管理について確認した。

出荷規格を確認する生産者ら(岩手県岩手町で)


一覧へ戻る