• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-07-10掲載 (東北版)

JAいわて平泉東部園芸センター 選果を見学 一関市立興田小学校

 一関市立興田小学校の5年生21人は7月上旬、同市大東町にあるJAいわて平泉東部園芸センターを見学した。総合的な学習の一環。地域の農業や地元農産物に関心を高めた。
 後藤忠行センター長は「選果場では農家が一生懸命生産した野菜を、大きさや形で選別して市場に届けている。選果量は多い時で大型トラック2台分以上になる」と説明した。
 児童は、出荷最盛期となるキュウリとトマトの選果を見学した。及川大道君は「選果場の機械を近くで見るのは初めて。たくさんの野菜を出荷しているのがすごいと思った」と目を輝かせた。

トマトの選果について話を聞く児童(岩手県一関市で)


一覧へ戻る