• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-08-09掲載 (いわて版)

JAいわて花巻肉牛繁殖生産部会 和牛講演会 畜産情勢学ぶ

 JAいわて花巻肉牛繁殖生産部会は7月25日、花巻市のJA矢沢支店で和牛講演会を開いた。部会員や市職員、JA職員ら58人が参加。日本農業新聞論説委員の伊本克宜さんから、畜産を巡る情勢などを学んだ。
 部会の晴山修部会長は「今までとは違う範囲からいろいろな意見を聞いた方がいいと思い開催した。意見を述べたり質問したりしてほしい」とあいさつした。
 伊本さんが「畜産を巡る情勢と令和農政の行方」と題して講演。現在の畜産を取り巻く環境変化や今後の方向を確認した。参加者は質問して理解を深めた。
 講演会は、農畜産物の価格が国内の状況だけではなく、環太平洋連携協定(TPP)や経済連携協定(EPA)などで環境が大きく変わっていることから、国内や海外で取材をしている記者から今後の対応方法などを学び、経営の一助になるようにと開いた。


一覧へ戻る