• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-08-09掲載 (いわて版)

大震災復興に感謝 地域活性化へ踊り JAおおふなと 夏まつり参加

 JAおおふなとは3日、大船渡市のJR大船渡駅周辺で行われた「三陸・大船渡夏まつり」の市民道中踊りに参加した。
 参加は東日本大震災以降8年ぶりで、柏崎明彦常務と志田寿常務を先頭に、役職員約100人の他、JAおおふなとの自己改革推進・農産物推進キャラクター「ころ柿コロタン」も参加。「気仙甚句囃子(ばやし)」と「大船渡椿音頭」を披露し、復興への感謝と地域活性化を発信した。
 今年は、9年ぶりに中心市街地での開催となり、震災後最多の28団体約1300人が参加した。
 午後7時30分からは恒例の花火大会があり、8000発の花火が打ち上げられ、フィナーレを飾った。


臨港道路を練り歩いたJA職員ら


一覧へ戻る