• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-09-07掲載 (東北版)

那須さん最優秀 JA岩手ふるさと 「第13回JAごはん・お米とわたし」図画コンクール

 JA岩手ふるさとは8月30日、奥州市水沢で「第13回JAごはん・お米とわたし」図画コンクールの審査会を開いた。最優秀賞に奥州市立佐倉河小学校4年の那須心咲さん、優秀賞に同校4年の高橋亮多さん、ふるさと賞に奥州市立真城小学校5年の千葉みうさんを選んだ。
 管内の小学校と特別支援学校から、ご飯や稲作に関する61点の応募があった。奥州市教育委員会の2人、役職員8人の計10人で審査した。
 市教育委員会教育研究所の宮田明子さんは「どの作品もご飯の力強さが伝わってくる。コンクールは稲作体験を通した感動を表現する機会として継続してほしい」と話した。
 全作品は8月31日から9月3日まで、奥州市水沢のJA産直来夢くんのレストラン棟で展示した。


一覧へ戻る