高橋 堅悦

高脂血症の新展開

 血液中のいわゆる悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールの増加が、動脈硬化を基盤とする虚血性心疾患の主要な危険因子です。高脂血症は食事療法や運動療法、生活習慣の見直しなどである程度の改善は期待できますが、薬剤で悪玉コレステロール値を低下させると実際に冠動脈疾患の発症を抑制させることが示されています。
 コレステロールは細胞膜の重要な構成成分で、細胞は細胞内のコレステロール量を一定に保とうとする働きがあります。細胞内でのコレステロール量を調節する因子も発見され研究が進んでいます。増加した悪玉コレステロールが動脈硬化を惹起する機構が明らかになれば、さらに有効で直接的な予防方法も可能となります。組織学的には動脈硬化発生の初期には細胞内に大量のコレステロールを蓄積し泡沫化した細胞が、血管壁内に集まっているのが特徴とされます。この泡沫細胞は酸化され変性をうけた悪玉コレステロールを細胞内に取り込んで泡沫化しています。コレステロールを酸化変性させる機構も動脈硬化の成因として重要な役割を演じているのです。
 薬物での悪玉コレステロールの低下療法は臨床的に冠動脈疾患の発症を減少させたという事実はあるものの、実際に冠動脈造影を行ってみると冠動脈の狭窄は著明には改善されてはいないことが明らかになりました。このことから冠動脈の閉塞には単に血管の狭窄度ではなく、蓄積した脂質の性状が重要であると考えられるようになりました。脂質の割合が大きく、それを包んでいる線維性の皮膜が薄い病変は、破れやすく血栓となって他の部位の血管を閉塞させるという議論が提唱され多くの支持を得ています。悪玉コレステロールの低下療法は、病変の性状を破綻しにくい安定なものに変化させたため冠動脈疾患の発症を減少させたものと考えられています。
 善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールの低下は、動脈硬化性疾患の危険因子であることは多くの疫学的調査で報告されています。善玉コレステロールは動脈硬化病巣に蓄積された余剰なコレステロールを抜き出し肝臓へ運んで処理する経路をたどるため、生体に備わった動脈硬化の防御機構として重要です。それでは善玉コレステロールは多いほうが好ましいのでしょうか。実は高コレステロール血症と診断される人たちがいますが、高HDLコレステロール血症の原因は質または量的な異常であることが明らかになりました。わが国における高HDLコレステロール血症の大部分はコレステロールエステル転送蛋白欠損症という、脂質代謝の異常に基づくものです。高すぎる善玉コレステロール値は動脈硬化性疾患のリスクになる場合があるというのです。東北地方で高HDLコレステロール血症の多い地域があります。調査したところ長寿者には高HDLコレステロール血症は少ないとの結果でした。高HDLコレステロール血症には動脈硬化を抑制するタイプと亢進させるタイプが混在していたわけですが、簡単に区別する方法は今後の研究にゆだねられています。
 高脂血症の治療薬であるスタチン系の薬剤は単に脂質を低下させる作用に加えて、直接血管壁により強く作用するタイプが出てきました。欧米では骨粗鬆症の改善にも効果があるとの報告もみられ、抗動脈硬化薬さらに抗老化薬としての役割も考えられるようになりました。薬剤による硬く脆い血管への直接作用は、潤いのある血管を取り戻す可能性がある夢の薬となるのでしょうか。研究の進展と新薬への期待は大きくふくらんできました。

インデックスページに戻る


JA岩手県中央会 盛岡市大通1丁目2番1号 〒020-0022 TEL:019(626)8528
JAいわて掲載の記事・写真の無断転写を禁じます。全ての著作権はJAいわてグループに帰属します。
個人情報保護方針
お問い合わせ