• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-11-08掲載 (いわて版)

一関市立東山小学校 選果作業を見学 

 一関市立東山小学校の3年生38人は10月28日、農家の仕事を学ぶため社会科見学を行った。社会の授業の一環。東山地区の農家やJAいわて平泉の施設など5カ所を見学し学びを深めた。
 JA東部園芸センターでは、リンゴとトマトの選果作業を見学した。児童は「何種類の機械があるの」「どんな検査をしているの」などと質問し、園芸センターの仕事を学んだ。
 後藤忠行センター長は「地域産業の一つである農業や、JAの仕事に興味を持つきっかけになってくれればうれしい」と期待を込めた。
 岩渕興斉さんは「リンゴやトマトを入れる箱が、自動で組み立てられているのにびっくりした」と驚いていた。

園芸センターの仕事を見学する児童


一覧へ戻る