• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2019-11-09掲載 (東北版)

サツマイモ 出荷規格確認 JA新いわて

 JA新いわて南部営農経済センターは5日、滝沢市でサツマイモ出荷規格目ぞろえ会を開いた。傷や曲がり、サイズ、出荷スケジュールなどを確認した。
 同市では「クイックスイート」をはじめ「ベニアズマ」「べにはるか」などを生産している。
 さつまいも専門部の宮林和徳部長は「生育は順調。クイックスイートは市場から要望が強いので、安定的な出荷をお願いしたい」と呼び掛けた。
 南部営農経済センター滝沢地区担当課の斉藤和弘課長は「生産量はまだ少ないが、クイックスイートは市の特産品。多くの人に味わってほしい」と話す。
 10月上旬に収穫して1カ月ほど熟成し、今月中旬から11月いっぱい出荷する。

サツマイモの出荷規格を確認する生産者(岩手県滝沢市で)


一覧へ戻る