• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2020-02-09掲載 (東北版)

若江俊英さんら5人優秀者表彰 いわてアグリフロンティアスクール修了式

 JAいわてグループや県、岩手大学農学部でつくる「いわてアグリフロンティアスクール運営協議会」は7日、盛岡市で2019年度同スクールの修了式を開いた。履修証明書とアグリ管理士認定証書を30人に授与した。「戦略計画の策定およびプレゼンテーション」の最優秀賞を授賞した若江俊英さん(47)ら5人を優秀修了者として表彰した。
 修了者は19年5月から、農業経営や6次産業化、農村地域活動などの各分野で所定の単位を取得。卒業論文に当たる自らの農業経営の戦略計画を策定した。
 若江さんは「今後各自が策定した戦略計画を実践していくが、ここで出会った仲間を大切にし、意見や情報を交換して計画遂行に向けて頑張りたい」と決意を新たにした。
JA岩手県中央会の阿部勝昭副会長は「JAいわてグループは、担い手支援事業に積極的に取り組んでいるので、夢の実現のためにJAを活用してほしい」と述べた。
 本スクールの修了生は延べ455人、アグリ管理士は324人となった。

修了者を代表して謝辞を述べる若江さん(盛岡市で)


一覧へ戻る