• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2020-02-21掲載 (東北版)

介護予防運動 寿命ぐんぐん JAいわて平泉女性部藤沢中央支部

 JAいわて平泉女性部藤沢中央支部は8日、第6回女性部交流会を一関市藤沢町のニコニコドームで開いた。女性部員約80人が参加し、2019年度の各支部の活動の展示やJA介護予防運動などで交流を深めた。
 JA岩手県厚生連健康推進部の千葉尚子保健師がJA介護予防運動「てんとうムシ体操(転倒予防)とみつばち体操(尿失禁予防)で元気な令和を!!」と題して顔面体操や舌体操、唾液腺マッサージの歯(し)あわせ体操を紹介。口腔内の健康で健康寿命を伸ばすことや座ったままでできる体操を実践し、転倒予防などでいつまでも長生きできる方法を説いた。
 JA女性部の伊東澄子中央支部長は「健康体操でリフレッシュし、部員間の交流をさらに深め、健康で長生きしよう」と呼び掛けた。

椅子に座って体操をする部員(岩手県一関市で)


一覧へ戻る