• ホーム
  • 日本農業新聞トピックス

日本農業新聞トピックス

2020-03-19掲載 (東北版)

春彼岸向け 切り花販売 JAいわて中央女性部水分支部

 JAいわて中央女性部水分支部は15日、彼岸用切花即売会を紫波町吉水の水分出張所北側の農業倉庫で開き、花束1000束を販売した。
 支部員ら11人が店頭に立ち、ストックや小菊、カーネーションなど色鮮やかな花束を200〜380円で販売。部員自ら花を仕入れ、湯あげから組み合わせ、包装まで行った。
 地元住民を中心に多くの来店者が訪れた。購入者は「毎年買いに来ている。花持ちが良いのが特徴。種類も豊富なのがうれうれしい」と話していた。
 菅川光代支部長は「春彼岸ということで菊をメインに洋花を組み合わせて華やかな彩りの花束に仕上げた」と話した。

花束を買い求める来場者(岩手県紫波町で)


一覧へ戻る